FC2ブログ

濃度計算!ppmとは?

こんにちは、あきです。

透析で使う機器や配管の洗浄には次亜塩素酸を使います。

使用の際には原液では濃いため、水で希釈して使用するのですが、度々『ppm』という表示が用いられます。

その意味とはどういったものなのでしょう?


ppm とは parts per million の略語で、それぞれ

parts:割合
per:~ごとの
million:百万

百万分のいくつの割合かを意味しています。

『g』や『L』などの単位ではなく、あくまで『1/1000000』という割合を表しています。

1/1000000なんて数字を見ればわかるとおり、主に微量物質濃度を表示するときに用います。

『%』と使い方はほとんど同じで、1000000ppmは100%と等しくなります。

100%   = 1000000ppm
10%    = 100000ppm
1%    = 10000ppm
0.1%    = 1000ppm
0.01%   = 100ppm
0.001%   = 10ppm
0.0001%  = 1ppm

となりますね。



水中の微量物質検出に用いる場合、水1L中に含まれる該当物質量を表示するのに用います。

ppm=mg/Lと考えましょう。


例えば、次亜塩素酸1Kgが溶けている水1Lの濃度は

濃度 = 溶質/溶液 × 1000000ppm
   = 0.001/1000 × 1000000ppm
   = 1ppm   となります。


ここらへんはひたすら実践計算して慣れるしかないの…かな?
よりよい説明ある方は是非コメントをお願いします( ̄人 ̄)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback