Post image

血液凝固の機序

血液透析では、血液が医材と接触することで凝固反応が惹起されます。そのままでは回路内で血液が固まり、透析ができなくなってしまいます。それを予防するために『抗凝固剤』を用いて透析を行っています。一般的に抗凝固剤としてヘパリンが多く用いられています。このヘパリンがどのようにして抗凝固能を発揮するのか。そもそも血液がなぜ凝固するのかも交えて追っていきましょう。血液には様々な成分が含まれていますが、凝固に関...

濃度計算!ppmとは?

こんにちは、あきです。透析で使う機器や配管の洗浄には次亜塩素酸を使います。使用の際には原液では濃いため、水で希釈して使用するのですが、度々『ppm』という表示が用いられます。その意味とはどういったものなのでしょう?ppm とは parts per million の略語で、それぞれparts:割合per:~ごとのmillion:百万百万分のいくつの割合かを意味しています。『g』や『L』などの単位ではなく、あくまで『1/1000000』という割...

Post image

透析に必要な科学の知識

こんにちは、あきです。透析では透析液というものを使用して毒素を身体から抜いています。その透析液の作成・管理を我々臨床工学技士が行っている施設が大半なのではないでしょうか。透析液や薬剤の管理をする上でmg(ミリグラム)、mEq(ミリエクイバレント)、mOsm(ミリオスモル)などの単位の理解は避けて通れない壁ですよね。私はとてもとても苦手です。ざっくりとした解説ですが、mg/dl:食塩100mg/dLは溶液100mL中に食塩が100mg入...

腎臓の働き

こんにちは、あきです。科学の発展に伴い、医療分野でも恩恵を授かることができています。そのひとつとして機能が低下した各種臓器の代用や補助が挙げられます。いまや眼鏡や義手義足だけでなく、心臓、腎臓、肺などの機能を代行することが可能です。そのなかでも腎臓の代行。『血液透析』と呼ばれている治療に私たち臨床工学技士は深く関わっています。腎臓の機能が落ちてくると『腎不全』と呼ばれる状態になります。理由は様々で...

ごあいさつ

こんにちは。あきです。埼玉県のクリニックで臨床工学技士として透析業務に携わっています。現在7年目の若手技士です!趣味が仕事と言えるほど、透析業務は好きです。が、新人の頃は苦労しました。このブログは日々学んだこと、感じたことを比較的経験年数が若い方向きに書けたらいいな、と思っています。参考になるように、頑張ります(O゚皿゚O)では、また。人気ブログランキング...